浜名湖ファンカップ第2戦に参戦してきました【2024年2月】

今回は浜名湖ファンカップ第2戦です。

今年に入り、ドットコム戦とファンカップ第1戦と立て続けに予選落ちしており、全く対応できずの状態です。

過去2戦の反省を元に立て直せるのか?が課題の大会になりました。

それでは行ってみましょう。

浜名湖フィッシングリゾート

朝4時出発、5時半到着

準備して受付。暗いのでリーダーが結びにくくて苦戦。

年々老眼で辛くなってきてます。

今回は前半組で前日放流戦から開始です。

タックル

スプーンの巻きパターンを想定して、巻きタックルをたくさん。プラスボトムタックル。

スプーン巻き①

オーバーブレイズ61L-S+14ルビアス2004+フロロ1.0ポンド

スプーン巻き②

ホワイトウルフ62ul-e+17スティーズtype-1+エステル0.3号

スプーン巻き③

G-SWORD 53ML-ST+17スティーズtype-1+エステル0.3号

放流

スパイクアロー62L-Tz+17スティーズtype-1+ナイロン2.5ポンド

ボトム・ミノー

エスクローザーec61m-st+17スティーズtype-1+エステル0.4号

予選

予選第1ラウンド

前日放流戦。

良い順番が引けたので1番手前の場所を確保。

ドーナ2.5gから始めました。

カウント2で一匹ヒット。

最初の数投反応がありましたが、すぐに無くなったので、カウント5まで下げると当たり復活。さらに2本追加。

ドーナ2.0gまで落として2本追加しましたが、また沈黙。

ノア1.8gで1本取って6本。

微妙な釣果でギリ踏みとどまった感じ。

バラシが多く4本バラシは致命的でした。

予選第2ラウンド

魚のレンジが深いので、ノア1.5gを底まで沈めて巻き上げパターンを試してみると良い感じ。

金残し系カラーで3本。

G-swordソリッドロッドでバイトを弾かずに掛けていく方法でヒットでした。

予選第3ラウンド

第2ラウンドと同様にスプーンの底から巻き上げパターン。

ノア1.2g、ハントグランデ1.3g、ハイバースト1.3gの金残し系をローテしてポツポツ拾って2本。

バイトが渋くなってソリッドが邪魔してバイトが取れないのでホワイトUL-eに変えてバイトをとっていく方法が良かったです。

予選第4ラウンド

予選後半組の放流の後の高活性に期待のラウンド

今までと同じようにスプーンの巻き上げでヒット。

ノア1.2gとハントグランデ1.3gの黒金ローテで凌いで、3本。

計14本でサドンデスにまわることになりました。

サドンデス

4人3抜けのサドンデス。

ノア1.2g金残し系カラーで底からあまり離れないようにゆっくりリトリーブして丁寧に掛けて、慌てつつも丁寧にランディングして予選突破に成功。

準決勝

準決勝は再度放流が入って放流戦スタートになります。

ドーナ2.0g放流オレ金から開始。

底からの巻き上げで釣っていきますが、全く合ってない様子。

マイティ2.2g俺放流オレ金にチェンジしたら良い感じ。

3本とって、沈黙したため、マイティの蛍光イエロー系のセカンドカラーに変えるとドンピシャ合っていて連発。

3本追加して、ハントグランデ1.3でダメ押しして計7本。

準決勝を突破することができました。

決勝

決勝も、スプーンで最後まで巻いていこうと決めてやってみました。

というより、ここまでの全釣果がスプーンなのでクランクなどのプラグが何使って良いか分かりません。

大人しくハントグランデ1.3gとノア1.2gとハイバースト1.3gをローテして渋い魚を食わせていきました。

第1ローテで3本、第2ローテで3本引きづり出しましたが、計6本で5位決定戦にのサドンデスにまわりました。

サドンでは良いとこ無しで相手のクランクであっさり釣られ結局6位フィニッシュで終了。

今回は、まあまあ頑張れたんじゃないでしょうか。

まとめ

浜名湖ファンカップ第2戦に参戦してきました。

冬のスプーンの巻きの釣りをやってなんとか結果を残せたかなと思います。

ただ、クランクをしっかり使えればまた違う結果になっていたと思うのでスプーンとプラグ両方レベルを上げていかないと・・・

上位の方はちびパニやつぶあんなどを駆使しておりました。

ゆっくりのんびり練習して頑張っていきたいとおもいます。

今日のMVL

ノア1.2g

今日は14ノブカラーが大活躍でした。

小粒で少し棚が落ちてる時に使いやすいスプーンです。

created by Rinker
¥517 (2024/04/19 04:34:54時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする