醒井養鱒場で数釣りを楽しんできました【2024年2月】

今回は久しぶりに醒井養鱒場へ行ってきました。

3月の大会のエントリ―を兼ねてですが、のんびり数釣りを楽しみに。

醒井養鱒場

前日飲み会で、起きたら7時だったので笑、準備して向かって9時半到着。

すでに放流タイムは終了している状態。

ちょっとのんびりしすぎました。

タックル準備していざ開始。

タックル

スプーン巻き①

オーバーブレイズ61L-S+17スティーズtype-1+フロロ1.5ポンド

スプーン巻き③

ホワイトウルフ62ul-e+17スティーズtype-1+エステル0.3号

スプーン巻き④

G-SWORD 53ML-ST+17スティーズtype-1+エステル0.3号

放流+クランク

スパイクアロー62L-Tz+17スティーズtype-1+ナイロン2.5ポンド

ボトム・ミノー

エスクローザーec61m-st+17スティーズtype-1+エステル0.4号

スプーンからのミノー

まずはスプーンで釣っていきました。

ノア1.5gから始めて、ハントグランデ1.3g、ハイバースト1.3gとローテ。

カラーは金残し系と青銀系が良く釣れました。

醒ヶ井でよくある手前で食い上げてくるバイトが、G-SWORD 53ML-STのソリッドティップでうまくからめとることができて気持ち良くヒットさせることが出来ました。

やっぱりソリッドティップは良いですね!オートでフッキングさせる感覚が良いです。

ただし、逆にソリッドティップが邪魔してうまくフッキングしないこともあるため、使い分けが大事ですけどね。

スプーンでひととおり釣ったら、ミノーにチェンジ。

GJイワチャキンのマジックジャークで連発。

やっぱり醒井はGJ釣れますね。

今日はポーズをあまりとらず、短いストロークでぐりぐりさせると好反応。

魚の前から消せば、そのままリアクションバイトしてきました。

ポーズを長めにとって食わせるパターンもあるのでアクションの仕方のバリエーションを持っておかないといけないですね。

11時半になったので、お昼休憩。

釜めしおいしかったです。

午後からはクランクも

午後からは、クランクも投入。

ディープクラピーの黒ザリガニを入れると良い感じ。

素直にぐるぐる巻いてくると、素直にガツンと食ってきます。

フルサイズのクランクでイージーに釣れると楽しいですね。

クランクとミノーを交互に使いつつ、2時まで釣って早めの納竿としました。

まとめ

醒井養鱒場で数釣りを楽しんできました。

スプーン、ミノー、クランクでひととおり釣れてよい練習になりました。

次は浜名湖の大会なので頑張ります。

今日のMVL

ディープクラピー

醒井の魚のいるレンジにドンピシャなんで良く釣れるルアー

ぐるぐるまくだけでどっかーん!と釣れてくれます。

赤系やピンク系がオススメカラー

created by Rinker
¥1,533 (2024/04/19 17:40:25時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする