ハンドタオルを釣り用にちょっと加工すると非常に便利になる件について

今回は私が落とし込み釣りなどで使っている便利グッズの製作方法について紹介させていただきます。

とても簡単に作れるので是非皆さんも作ってみてください。

ハンドタオル

今回作るのはズバリこれです。

カラビナに引っ掛けることができるハンドタオルです。

落とし込み釣りなどでベルトに装着したり、ルアーフィッシングでもゲームベストに取り付けたり、荷物を入れるバッグに取り付けたりなど釣り全般になんにでも使えるので非常に便利なんです。

落とし込み釣りでは、餌を触ったりした時に、手を拭くものが手元にあると便利です。イガイとかフジツボとか結構汁が臭かったりしますので必需品ですね。

家にハンドタオルが眠っているのであれば、安価に作れますので一度製作してみてはと思います。

用意するもの

タオルは家にあったものを利用、その他はホームセンターで購入したものです。

ハンドタオル

25センチ×25センチ位の大きさのものを使っています。

工具類

両面ハトメ玉 8mm

アルミの両面ハトメ玉です。ホームセンターで購入しました。

ハトメ玉は片面と両面タイプがありますが、きれいに仕上がるので両面タイプがおすすめです。

両面ハトメパンチ 8mm

ハトメ玉をかしめるためのパンチです。8mmの両面ハトメ玉専用です。

ポンチ 8mm

タオルに穴をあけるのに使用します。

これ以外にカッターマットとハサミが必要です。

工具は、パンチにハトメ玉とポンチがフルセットになったものが売っているのでこれ一つ買えばできちゃいます。

作り方

穴あけ

まずは、タオルにポンチで穴をあけます。

カッターマットを下に敷いて、ポンチでグリグリ回せば、穴があきます。

余計な糸屑は、ハサミでカットしておきましょう。

ハトメ玉をセット

穴にハトメ玉をセットします。

金具の向きに注意してください。

ハトメ玉をかしめる

パンチでハトメ玉を挟んで、ハンドルを握りしめます。

方向を変えて、数回締めるときれいに仕上がります。

タオルに2ヶ所ハトメを取り付けたら完成です。

これだけです。簡単でしょ。

まとめ

今回は、釣り用のカラビナに引っ掛けられるハンドタオルの製作方法を紹介しました。

何にでも使えて便利ですので、家に眠っているタオルがありましたら是非作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする