AREAMAX第23回トラウトキング選手権地方予選大会「ベルベットアーツ×バリバスCUP in醒井」に参加してきました

題名長いっすね。

先週の平谷に続き、トラキンの地方予選である醒井養鱒場さんの大会に参加してきました。

この大会に出た理由は、ベルベットアーツとバリバスさんの大会ですが、ルアーの使用に制限がないということ。

メーカーの冠大会は、ルアー縛りがあるため、あまり持ち球がないと戦えないですし、出場しようとするとルアーをどかっと購入しないといけないですが、そのようなことがないので参加しやすい大会です。

その代わり、予選はスプーンのみで決勝ラウンド以降はプラグも使用OKとなっています。

目標は、ちょっと参加してるメンツがやばいんで予選でなんとか戦えることですかね・・・

まあ楽しんでいきましょう。

醒井養鱒場

朝5時半に到着すると、結構な寒さ。

準備して、受付。第一試合を引き当てたので前日放流戦をすることができます。

前回は5の倍数を引いてしまい、放流戦が出来なかったので今日はラッキー。

タックル

いつものタックルです。準備する時間もないので前回の平谷湖のまま・・・

スプーン巻き①

オーバーブレイズ61L-S+17スティーズtype-1+フロロ1.5ポンド

スプーン巻き②

トーナメントドライブ ARD-62T-DTX +17スティーズtype-1+エステル0.3号

放流+クランク

スパイクアロー62L-Tz+17スティーズtype-1+ナイロン2.5ポンド

クランク

レッドウルフ ML-ST+12ルビアス2004+エステル0.4号

ボトム・ミノー・クランク

ラグゼ 宵姫 華S54FL-solid+17スティーズtype-1+エステル0.4号

予選1回戦

放流戦です。

ドーナ3.0gから開始。放流タックルで釣っていきます。

バラシを極力しないように丁寧にやり取りしていきますが、放流タックルがラインブレイク。

もたもたしている間に前半で2本差に。

まだ取り戻せるので落ち着いて後半釣っていきますが、2本目のフロロタックルもラインブレイク。リリーサーで外すときにラインをぶちっとやってしまいました。

前回の大会からラインチェックしていなかったのがいけませんでした。

さすがに2本もタックルをやってしまうと厳しくなってしまい、差がさらに広がり敗退。

予選2回戦

ノア1.8gのセカンドカラーで速めの巻き巻きで釣っていきますが、うまくカラーが合いません。

ノア1.8gのゲンちゃんセカンドに変えると良い感じで食ってきましたが出遅れてしまい、そのまま差が縮まらず。

ゲンちゃんセカンドからのカラーも見つけられずにさらにペースを落として敗退。

予選3回戦

ノア1.5gの金残しカラーで巻き巻きしてポツポツ拾っていきました。

途中で、バイトが渋くなってきて、極小サイズのマスをポロリ。バラシをちょいちょい挟んでしまい、だんだん差がついていき良いとこなしで敗退してしまいました。

バラシが無ければ、バイトも続いて良い勝負できたのに残念。

予選4回戦

完全に活性が下がってしまった状態からのスタート

ノア1.5gを沈めて巻き上げるとバイトがあるけど乗らず。

ハイバースト1.3gの銀残しカラーにするとしっかり乗って2本。

さらにサーヴァントスピア1.1gの金残しカラーに変えて追加。

スプーン沈めての巻き上げでこまめにスプーンをチェンジして追加してなんとか1勝。

なんとかパターンを見つけて先手を取りながら釣りをすることができて1勝できました。

まとめ

醒ヶ井トラキン予選大会、予選で1勝3敗となんとか一矢報いることが出来ましたが、パターンつかめず、ミスも多いでなかなかうまくいかずに予選敗退となってしまいました。

今回の結果で、色々反省する部分も多々あったので、反省して次回に活かしていくしかないですね。

予選負けた後の昼食がめっちゃおいしかったのでそれだけである意味満足な大会でした。

本日のMVL

ノア1.8g

やっぱり定番。いつも使っているスプーンがやっぱり信頼できます。

負けてるくせに何言ってるんだって感じですが、長いこと使ってるスプーンはやっぱり強いですね。

created by Rinker
Rodiocraft(ロデオクラフト)
¥638 (2024/04/19 18:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする