フィッシングサンクチュアリ タッグマッチ戦に参戦してきた!【2023年9月】

今回も大会。ちょっと変わり種の大会に参戦。

釣り友のタケさんとフィッシングサンクチュアリのタッグマッチ戦に参加してきました。

フィッシングサンクチュアリ

朝4時半に起きて、6時にサンクチュアリさんに到着。

準備して第三ポンドにレッツゴー。

タケさんと合流して、ちょっと作戦会議して勝負。

予選のルールは前後半10分×2回を5戦やります。

前半・後半を交代して釣りするんですが、前半・後半を交代して順番にやることにしました。

タックル

第3ポンド用にフロロ1ポンドとエステル0.25号を巻いたタックルを投入しました。

前回大会に来てから、第3ポンドにずっと来てないのでそもそも使いこなせるのかわかりませんが、マイクロスプーン頑張ります。

スプーン巻き①

クロノタクトCT6202UL+12ルビアス2004+フロロ1ポンド

スプーン巻き②

オーバーブレイズ61L-S+07ルビアス2004+フロロ1.5ポンド

スプーン巻き③

トーナメントドライブ ARD-62T-DTX +07ルビアス2004+エステル0.3号

放流+クランク

スパイクアロー62L-Tz+17スティーズtype-1+ナイロン2.5ポンド

ボトム・ミノー

エスクローザーec61m-st+17スティーズtype-1+エステル0.4号

予選

予選は、チーム対チームの対戦。

15分前後半で、交代しながら釣って、たくさん釣った方が勝ち

予選第1戦

タケさんが前半放流で、しっかり釣ってくれて、リード。

ハントグランデ1.0gで獲れるだけ取って、渋ったらミニシケイダーにチェンジして追加。

そのままリードを守って勝利。

予選第2戦

前半放流で、私。ドーナ2.5gからのノア1.8gで釣っていきますが、途中失速。

後半、魚を見失ってしまいました。

3本リードされたところで、タケさんがスプーンからのワウとGJで良いペースで釣ってくれて、ギリギリドロー。タケさんの活躍でなんとかなりました。

予選第3戦

前半放流パターンでタケさんが頑張りますが、対戦相手がボコボコにハメてしまい・・・

後半、マイクロスプーンとニョロを投入。

M20.6gで連発して、何とか差を少し縮めましたがそのまま敗退。

予選第4戦

前半放流パターン。ドーナ2.0gからのノア1.5gで釣るもまたまたセカンド以降見失ってしまい・・・

3本差で折り返し。

タケさんが頑張ってくれましたが、差が縮まらず2敗目。

予選第5戦

前半、放流パターンでタケさんがしっかり釣ってくれて、互角の展開。

最後は、M20.6gからのニョロで数を稼いで逃げ切り。

2勝2敗1分け。平々凡々な結果で予選敗退でした。

反省点

反省点として、前半後半を交代交代でやったのがまずかったと思いました。

1戦目で後半釣釣ると、次の試合が前半、すぐに次の試合が始まりルアーをチェンジするのが精いっぱいで、フックチェンジや使うルアーのカラーの精査などをしている余裕がないです。

これでは、状況を掴んでアジャストする余裕がなく厳しかったです。

事前にプラをしていればよいでしょうが、1か月近く来ていないのでこれでは難しいなと思いました。

まあこの辺は初めての参戦なので仕方ないところ。

もう1点は、放流からのセカンド以降のパターンで迷走してしまったり、後半のマイクロからのクランクでしばらく釣れない時間帯が出てしまったこと。

その釣れない時間帯にできた差がそのまま勝敗に直結してしまいました。

上位の人は、かなりの実力者の人はともかく順番を固定してやってたチームが強かったです。

まとめ

大会後は、アフターフィッシング。

夕方の第3ポンドの表層祭りを楽しみつつ、みっちり練習して帰途につきました。

足を引っ張ってしまい申し訳なかったですが、マイクロスプーンの釣りなど、フレッシャーズで対応できなかった部分ができたりなど、今回色々得るものが多かった大会でした。

秋になり、本格シーズンが始まるのでそれに備えてしっかり練習していきたいですね。

それではまた。

タケさんペア組んでくれてありがとうございました~!

今日のMVL

M20.6g

表層マイクロパターンで連発してくれました。

軽いのにしっかり泳いで、巻き抵抗もあって使いやすい。

マイクロパターンの特に渋い時、0.9とか0.7くらいからさらに下げる時のメインスプーンです。

created by Rinker
フォレスト(FOREST)
¥445 (2024/02/22 12:26:26時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする