平谷湖フィッシングスポット釣行【2021年5月】

緊急事態宣言が数日後に愛知にも出るということで、宣言が出る前にちょっと遠出しておこうと言うことで、久しぶりに平谷湖に出撃してきました。

そろそろチヌ落とし込みの時期になってきましたが、大阪に緊急事態宣言が出てるので、さすがに大阪遠征は自粛しようと思います。

行きたいところですが、さすがに社会人として我慢ですね。我慢・・・

地元でチヌ行けばいいんですが、やる気がしないので管釣り行ってきました。

チヌ以外も愛知では、コロナ禍で釣りブームで人多すぎて海釣り自体がオワコン化してる感じです。

ただでさえ死の海なのに、人多すぎてさらに釣れない。

まあ、通いこめば釣れる!と言われればその通りなんですが、コロナ禍で釣行控えると当然無理ということでやる気が喪失しておりました。

平谷湖フィッシングスポット

2シーズンぶりの平谷ですね。

1年以上行ってませんでした。

元々4月~12月の営業なので、通常は私の管釣りシーズンである冬季はクローズしており、あまり行く機会がないんですよね。

この時期に平谷湖に行ったこと自体がここしばらく思い出せない程度にはないので、攻略法を1から見つける必要があり、楽しめそうだなと思い釣行しました。

タックル

クランク用

スワンドライブ+17セオリー2004+ナイロン2.5ポンド

放流、汎用ロッド

エリアドライブARD-62T-DTS+スティーズtype-1+フロロ1.5ポンド

マイクロスプーン・小型クランクロッド

トーナメントドライブARD-62S-BTX+スティーズtype-1+エステル0.3号

PEミノーボトム

センシティブ+17セオリー2004+PE0.175号

朝の放流パターン

15分程度遅れて到着すると、既に放流狩りが、あちこちで始まっておりました。

前日放流だったんでしょうか?

急いで準備して、スプーンをむすんでキャストすると、一投目からガツンガツンとバイトしてきます。

しばらく、ワンキャストワンヒットの連発を楽しみましたが、連発しすぎでラインブレイク、足場が高いので、リリーサーの操作をミスってラインブレイクでスプーンを2つ失いテンションが下がります笑

30匹以上釣ったところで、放流効果が収まったんで、オレキンドーナを外して、スプーンの巻きの釣りに移行しました。

バンナ炸裂!

前回の瑞浪から導入したバンナがここでも火を噴きました。

バンナ1.4gをカウント3~5で、巻きながら魚が追尾してきたら誘いを入れると無限にバイトしてきました。

放流狩りの後、バンナ1.4gだけでさらに20匹ほど追加。

50匹超えたところでカウントをやめましたが、魚が溜まっている場所だったようでよく釣れました。

一日を通じてレンジがかなり上の方で、バンナ1.4gからアキュラシー0.9gなどサイズを下げて魚を追加。

午前中はスプーンパターン中心で巻きの釣りを楽しむことが出来ました。

クランクでも

ソースカツ丼を食べて、パワーを充電。

午後の釣りを開始します。

午後はプラグのパターンを探しました。

一日を通じてレンジがかなり上の方で、シャローを通せるクランクがかなりきくパターン。

ちびパニクラSRと30mm自作ニョロ系クランクをローテしているだけで、釣れ続けました。

自作スリクラニョロ60Mをデッドスローでちょい上の棚を通してもヨシ!

ボトム狙ってもヨシ!

ちょい上の棚とボトムのふたつを、プラグで攻めるパターンで夕方までいけました。

夕方に入ると、活性が上がって、マイクロスプーンを竿立てて巻いてるだけで連発するパターンを楽しんで、腕がパンパンになるまで釣って大満足で納竿としました。

まとめ

平谷湖フィッシングスポットに行ってきました。

春の高活性な魚をしっかりと釣らせてもらい、楽しく練習できました。

今日のMVL

バンナ1.4g

前回の釣行に引き続き爆発。

とにかく扱いやすい。

定速リトリーブと誘いを入れる釣りを下手くそでも簡単に両立できるのはすごいの一言ですね。

created by Rinker
ニュードロワー(New Drawer)
¥495 (2021/09/26 10:24:34時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする