四日市霞一文字でチヌとタコを釣ってきた!

今週の連休、元々オフショアルアー船に乗る予定だったのですが、コロナの関係で中止に。

それならばと、関西へチヌ釣りに遠征しようと企みますが、会社から関東方面や関西方面への移動の自粛要請が出てしまい、それも諦めることに。

・・・・ことごとくついてないですね

じゃあ、久しぶりに地元でのんびり釣りを楽しみますかということで、四日市でチヌ釣りとタコ釣りを楽しんで来ました。

霞一文字

今回は、四日市の霞一文字にお邪魔しました。

コーシン丸さんで5時の1番船で渡堤。

現着したら、イガイを採取。

少し深めの棚でとれましたが、ヘドロのような臭いで腐りかけの臭いがして、手が真っ黒になる感じのイガイ

もうそろそろイガイが落ちそうな感じがしますね。

イガイが一応ちゃんと採取できたので、まずはチヌ落とし込み釣りから始めました。

タックル

がまかつ匠技36M+BJ75D

目印仕掛2.2m+ハリス1号+カン付きグレ7号

目印仕掛けが関西仕様の浅棚狙いのものしかなかったため、深棚は狙えません。

棚が深いと面白くないのでやる気がしないですね。関西遠征の弊害です。

朝一の活性の高い上の棚で食ってくるチヌを釣って、棚が下がってきたらチヌ釣りは止める。

そうなったら、大人しくタコ釣りにチェンジします。

久しぶりの地元チヌ

スゴイ濁っているわけでなハイですが、濁りも悪くなく、良さげな雰囲気。

ただ周りでバタバタ釣れているわけではなく、少し活性は低め。

丁寧に落としていると、ピタッと止まりのアタリ!

反射的に合わせるときれいにフッキングしました。

あまり小さくないですが、今期地元初チヌなので丁寧に掬って捕獲完了。

40センチ程度の普通サイズですが、地元一発目は嬉しいです。

こんな感じで、ポツポツと追加して、5時30分~8時30分で3枚。

下げに入ってしばらくして、棚が深くなり目印でアタリが出ずに貝を割られたところでチヌ釣りはあきらめることにしました。

地元タコを捕獲!

チヌをすっぱりあきらめ、タコ釣りにチェンジ。

ちょっと休憩して、9時過ぎから開始。

タコもあまり活性が高くないようで、少し渋めな感じ。

朝からタコやっている方があらかた釣り切っているかと思い、タコエギで遠投して広く探っていきます。

キャストして、小刻みにシャクって誘いながらずるびいてくると、ガツンとルアーが止まります。

竿で聞くと、少し柔らかい感じの感触だとタコが抱き着いた証です。

すかさずあわせながら一気に引きはがします。

無事、地元初タコゲット!

遠投して竿抜けポイントを探すパターンで、9時過ぎから10時半までで、ポツポツ。

なんとか4ハイゲットすることができ、お土産確保することができました。

タコ釣りは、フッキングした瞬間の重量感とリールを巻いて寄せるときの重量感が楽しいですし、なによりタコが冷凍保存もできるし美味だし、スーパーだと値段高いのでお得だしで楽しくて美味しい釣り物なので非常におススメできる釣りです。

そろそろチヌの落とし込みシーズンに入り、重い腰を上げる時期になってきましたが、この時期になると他の色々な釣りもハイシーズンになり、楽しみな季...

まとめ

四日市一文字で、チヌとタコのダブルヘッダーを楽しんできました。

たまには、地元でのんびり釣りするのも悪くないと思いました。

地元でチヌ釣りすると、どうしても関西みたいに釣れないので、少ないチャンスをものにするのにめっちゃくちゃ集中して釣りをするので疲れるんですよね。

こんな感じで釣果にこだわらずにチヌ釣って、釣りにくくなったらさっさと他の魚を釣る。

楽しく釣りをするのも良いなと思った一日でした。

【今日のMVL】

今日はタコエギが大活躍でした。遠投して誰も探ってないところを攻めるのが効きましたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする