冬のボトムをスプーンの巻きで攻略しよう!【エリアフィッシング】

管理釣り場で真冬の低水温季に有効な釣り方として、ボトムの釣りが挙げられます。

活性が低いマスに対し、ボトムバンプやデジ巻きなどでスプーンをボトムでアクションをさせて、食性に訴えかけることでスイッチを入れて釣るリアクションの釣りです。

管理釣り場で、水温が急激に下がった場合など、活性が低く通常の巻きの釣りでは魚の反応を引き出せないことがあります。そんなときにリアクションで魚を反応させるボトムの釣りが有効です。以前にも、ボトムの釣りについて、紹介しておりますが、今回はスプーンを使ったボトムの釣りを紹介します。

魚の動きが鈍いため、巻きの釣り、リトリーブによるスプーンの釣りが効きにくい状況で有効な方法ですが、巻きの釣りでも冬季の低活性のマスを攻略することは十分できます。

今回は、真冬の低水温季のスプーンのリトリーブの釣りについて私のやり方を紹介したいと思います。

タックル

私はスプーン用の少し硬めのタックルを使用しています。

スプーンのボトムでの巻きの釣りは、いつも使用しているスプーンタックルでそのまま使用しています。

ライン

フロロカーボンを使用しています。感度が重要な釣りになりますので私はフロロ一択です。

PEだとスプーンが浮き上がりやすいですが、あまり水深が深くないところでしたら使えると思います。

フック

巻きの釣りですので、普通のスプーン用のフックを使用しています。

具体的に言うと、SP-31BLかヤリエのSTフックを使用しています。

STフックの方が小さいアタリでも初期掛りしやすいイメージ。

釣り方

魚が低水温で低活性になっている状況ですので、巻きスピードは『超スローリトリーブ」になります。底をぎりぎり切るくらいのぎりぎり浮き上がらないスピードで巻くイメージです。

釣り方としては、ルアーを底まで沈めて、ゆっくりと一定の速度でリトリーブする。というのが基本となります。

また、リトリーブを一瞬止める、チョンと竿先をあおるなどの変化をつけるとバイトすることも多く、低活性状態の魚に食わせるきっかけを与えることも有効です。

また、スローでも浮き上がってしまうスプーンでしたら、巻いて止めて落として、巻いて落としてという釣り方も有効です。しばらく巻いたらまたボトムに戻してあげるということです。

リトリーブで反応があれば、そのまま釣り、反応がなければアクションをちょっと入れてやるという感じですね。

スプーンのセレクト

基本的には、普段使っているスプーンをそのまま使えば良いと思います。

『小粒で板厚の厚いスプーン』はボトムでの巻きの釣りに使いやすいと思います。

小粒で板厚の厚いスプーンなら、同じ巻きスピードで沈みやすいので、きっちりアクションさせながらボトムをリトリーブすることが容易だからです。

私はヤリエのピリカモア1.2gやロデオのノア1.4g、ティモンのTグラベル1.7gやアングラーズシステムのバックス1.5gなどをよく使います。

スプーンのシルエットが小さく、重量のあるスプーンが初心者でも使いやすいです。

また、1g以下の軽量スプーンは、ボトムで超スローリトリーブしてもキビキビアクションさせることができ特に低活性時に効果が高いです。

ただし、沈めるのに時間がかかることや浮き上がりやすいのでボトムをキープするのが難しいという点が挙げられますが、1g以上のスプーンで食わない場合でも、1g以下の軽量スプーンなら食うことがよくあります。

軽量スプーンに関しては、特にこだわりがなくいつも使用している1g以下のスプーンをそのまま使っています。

カラー

カラーに関しては、とりあえず一つ買うなら茶色系をオススメします。

ペレットカラーとかその辺を買っておけば間違いないです。

ただし、白や蓄光カラー、黄色などの強い色も、個人的には実績が高く、単発で交通事故的に釣れることが良くあるのでたまにローテして使います。

まとめ

厳冬期などの低活性時に有効な、スプーンのボトムリトリーブの釣りを紹介させていただきました。

低活性時に有効なメソッドで、特に厳しい時でもスプーンの巻きで釣りたい!って方にはぜひとも試してほしい釣り方ですので一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする