メバリング初心者が軽量ジグ使うならケミホタルつけるのがオススメ!

私はメバリングを始めてはや十年を越えてしまったのですが、年に数回しか行かないなんちゃってメバラーですのでいまだに初心者に毛が生えたレベル立ったりします。

今年も例に漏れず数回釣行したのですが、たまーにしかやらない釣りなので軽量のジグヘッドがうまく扱えませんでした。

1.0gジグヘッドなら使えるのですが、それより軽い0.5g程度の軽量ジグヘッドがうまく扱えず苦戦しまくりでした。

私が苦戦しているのを見て、同行者からある対策を教えてもらい実践したところ、軽量ジグヘッドでの釣りが格段に楽にできるようになりました。

たいした話では無いですが、紹介させていただきます。

ケミホタル

結論から言いますとズバリケミホタルです。

これをジグヘッドの30センチ~50センチ程度上に取り付けます。

付属のチューブを小さく切って両端2ヶ所を固定します。

私はPEタックルを使用しておりますので、フロロのリーダーに取り付けます。

なにが良いの?

ケミホタルのなにが良いのか?を説明します。

飛距離アップ

ケミホタルの重量がジグヘッドにプラスされるため、飛距離がアップします。

0.5gのジグヘッドが1.0gジグヘッドと同等の飛距離になる感触です。

これにより初心者でも軽量ジグヘッドを飛ばしウキ無しで扱えます。

棚が分かりやすい

初心者メバラーが軽量ジグヘッドを使用する際に苦戦することとして、どの棚を通しているか分からないということがあげられます。

ケミホタルをつけることで水中でボワッと光るため、どの水深を通してるかが直接目視できるため、安定して同じ棚を攻めることができます。

ルアーフィッシングは再現性が重要ですので棚をコントロールできるという点は非常に重要です。

引き抵抗

ジグヘッドが軽ければ軽いほどリトリーブする際、引き抵抗が軽くルアーの操作感が伝わってこないという問題があります。

初心者ですと何をしているのかわからなくないみたいな感じになってしまいます。

ケミホタルをつけることで引き抵抗が増加し、軽いジグヘッドでも使いやすくなるんです。

デメリットは?

抵抗になってしまう

デメリットとしては、抵抗が増すことによりアタリが分かりにくくなったりといった点があげられます。

引き抵抗が強くなって扱いやすくなる部分とのトレードオフだと思います。

引っ掛かりが増える

ケミホタルにごみや海草などが時折引っ掛かることがあります。

まとめ

初心者メバラーに是非使ってほしいケミホタル

軽量ジグヘッドが非常に使いやすくなるので一度お試しあれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする