繊細な冬の釣りに最適!Foxfireハンドウォーマーが凄い‼

随分と冷え込んで、今日は仕事先で雪がちらついておりました。

こんな時期の釣りは、寒さとの闘いといっても過言ではありませんよね。

特に手が冷えると、かじかんでまともにリールや竿を操作できず、釣りにならないこともしばしば。

けどあまりに分厚い手袋だと操作がしにくい。

そんな方におすすめしたいのが、Foxfireのハンドウォーマーです。

私は冬の釣りでもう五年ほどこいつを使い続けておりまして、この時期必須の防寒アイテムです。

Foxfireハンドウォーマー

材質はフリース製で、最大の特徴は、見ての通りなんといっても指だけでなく、手のひらまで露出していることにあります。

こんなんでほんとに寒くないの?と感じると思います。

それが意外と暖かいんです。

手にはめてみるとわかるのですが、手首部分が普通の手袋より、長くなっており、血管の集まる手首をしっかり保温していること、手の甲に風が当たらないため、案外寒くないんです。

メリット

手の平と指が露出しているため、リールや竿の操作性が非常に高いです。

繊細にリールをリトリーブするする必要がある時に最適です。

手のひらがダイレクトに竿に当たってるので、小さいアタリも拾いやすいと感じています。

特に冬の低活性の魚を繊細に釣る場合、メバリングや管理釣り場でアドバンテージになると思います。

また、指が覆われてないので、スマホなどの操作がしやすいのもよい点ですね。特に釣りしながら、SNSに投稿する方にはおすすめです。

デメリット

当然のことながら、完全に覆ってしまう手袋よりは、防寒性能は落ちます。

また、ずっと、動かずじっとしている釣りには向いてないかもと思います。

そういう意味では、常に手を動かしてる、ルアーフィッシングの方が向いていると言えます。

それでも、私はこれがあれば真冬のガイドが凍るような日の管理釣り場でも十分釣りができてます。まあ、この辺は個人差があるのでなんとも言えないと思いますが。

まとめ

Foxfireのハンドウォーマー、冬の釣りに、特に繊細な操作が必要となる釣りに最適だと思います!

特に管釣りやメバリング、アジング等の釣りに向いていると思います。

一度試してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする