フィッシングサンクチュアリ第3ポンド 練習釣行【2023年7月】

大会も一息ついて、しばらくないのと、黒鯛もイガイが落ちて釣れなくなってきましたので、登山と管釣りの練習釣行に集中していこうということで・・・

さっそく急きょ休暇がとれたので、サンク第3ポンドへ練習しにいってきました。

サンクチュアリ第3ポンド

朝7時にサンクチュアリに到着。7時半過ぎに受付して、第3ポンドに移動。

タックルを準備していざ釣り開始。

平日は人少なくてゆっくり釣りができるのが良いですね。

朝から良い天気で、かなり暑かったです。

空調服着てても暑いので相当でしたね。

タックル

スプーンタックルにマイクロスプーン用に1ポンドのフロロタックルをセッティング。

それ以外はいつもとおんなじです。

スプーン巻き①

クロノタクトCT6202UL+12ルビアス2004+フロロ1ポンド

スプーン巻き②

オーバーブレイズ61L-S+07ルビアス2004+フロロ1.5ポンド

スプーン巻き③

トーナメントドライブ ARD-62T-DTX +07ルビアス2004+エステル0.3号

放流+クランク

スパイクアロー62L-Tz+17スティーズtype-1+ナイロン2.5ポンド

ボトム・ミノー

エスクローザーec61m-st+17スティーズtype-1+エステル0.4号

朝はスプーンで

朝一は行けるところまでスプーンでいくことにして、スプーン縛り。

朝一は、ハントグランデ1.3g→1.0gの明滅カラーと青銀カラーで釣っていきながら、マイクロスプーンに移行。

ハント0.9g→0.7gとシフトしていきながら、カラーローテして魚を引き出していきました。

レンジは、ド表層。カウントゼロで。

早いバイトが多かったので、ちょっと速めに巻いたりしてスイッチ入れて、はっきりしたバイトを出して確実に獲っていく練習になりました。

ハントで厳しくなってきたところで、M20.6gにチェンジ。

派手な明滅カラーと地味な明滅カラーのローテが良く効きました。

ここから、さらにいつも使うことのない軽さのスプーンの練習。

M20.4g、ピット0.4g、シャースフィー0.4gをローテしてポツポツ拾っていきます。

下手くそなんで、渋いバイトは取れないので、うまくスイッチ入れて、強いバイトだしてってやりましたが、渋くて食わせるのが難しかったです。

途中放流が入ったので、マイティ2.2g放流オレピン→ノア1.5g放流オレピンで獲って、またマイクロに移行しました。

11時半ごろ、かなり厳しくなったので、ミノーの練習を。

GJで15本とって、弁当が来たので昼休憩としました。

普通にミノーで釣れる状況だったのであまり練習になりませんでしたね。

午後はクランクミノー

午後からは、スプーンがかなり厳しくなってきたので、クランクとミノーの練習。

ココニョロとミニシケ、ちびパニSR、ピコイーグルプレイヤーなどを使って、表層とチョイ下の魚を抜いていきました。

クランクの反応が落ちたら時折、ミノーを差しで入れて釣っていき・・・

クランクミノーで詰まったら、単発でマイクロスプーンを入れて、1本釣ったらまたクランクミノーに戻るを繰り返し、それでもだめならパニクラDRのボトムノック。

ひととおり、自分の手駒の練習をすることができて満足。

4時頃、いい加減体力の限界にきたのと、ペレットパターンが始まったので、デッドスローで巻くだけの何も考えずに使える自作ニョロを使って連発を楽しむことに。

自作ニョロでさくっと20本釣って納竿としました。

まとめ

サンク第3ポンドで1日みっちり練習してきました。

夏のスプーンとプラグのパターンをしっかり練習できたと思います。

とはいえ、まだまだ夏の釣りは苦手なのは変わっていないのでまた練習に行って改善していきたいですね。

とにかく暑くて、終わった後のアイスが最高な日でした。

しばらく暑い日が続くので皆さんも熱中症には十分気を付けて釣りを楽しんでくださいね。

今日のMVL

ハント0.7g

created by Rinker
ニュードロワー(New Drawer)
¥550 (2024/04/19 15:05:50時点 Amazon調べ-詳細)

マイクロスプーンの練習で一番良かったスプーン。

軽快かつ強いアクションが、魚のスイッチを入れてフッキングが決まりやすい強いバイトを誘発してくれるので、初心者の方がマイクロスプーンやるのにもおススメだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする