梅雨爆!落とし込み釣り・ヘチ釣りに関西遠征in 宇部波止・セル石【2023年7月】

関西で本格的なチヌ釣りシーズンが始まり、各地で爆釣報告が上がってきており、早速遠征してきました。

平日に急きょ休みをとれたので、弾丸釣行です。

ここ数年普通の釣果で良い釣果に恵まれていないので爆釣といきたいところです。

宇部波止・セル石

夜仕事を終え、準備して2時間ほど仮眠して、夜中の1時半に出発。

途中、初心者の友人を回収して現地に向かいました。

当初は、武庫川一文字でチヌとタコを狙おうと考えていたのですが、注意報発令で渡船が中止。

慌てて調べると、夢フィッシングさんが営業しているとのことだったので、急いで向かいました。

7時の便で少し遅めとなりましたが、宇部波止・セル石に到着して釣り開始です。

タックル

タックルは、いつものロッド。うちオモリのスライダーで。

がまかつ匠技36M+BJ75D

目印仕掛2.5m+ハリス1号+カン付きグレ8号

浅棚の釣り!

到着して準備して、早速目印を並べると、1mくらいの浅棚でバチュッと走りのアタリ。

開始2分でチヌがあっさりヒット。

40cmオーバーの元気なチヌでしっかり引きを楽しんでネットイン。45cm程度ながらかなり引きました。

浅棚のスライダーで、目印がチッと動くアタリが頻発。もしくは一瞬止まるアタリ。

時折、その下の棚でずるずると目印が引き込まれるアタリが出ます。

しかし、チッと動く走りのアタリや目印が一瞬止まるアタリはあわせを入れても2回に1回ほどしか針掛かりせず、掛かっても唇の外側に掛かっていることが多かったです。

ずるずる系のアタリはカンヌキにしっかり掛かることがほとんど。

初心者の友人に落とし込みの釣り方をレクチャーしつつ、元気なチヌの引きを楽しみつつのんびり楽しんでいると、友人の竿にもチヌがヒット!

45cmのチヌを見事釣り上げました。

初落とし込みで45cmが釣れめちゃめちゃ喜んでました。落とし込みにハマると良いですね。

高活性で腕が痛い・・・

一番浅い棚の小さな走りのアタリや微妙な止まりのアタリは、40cm前半のサイズ小さめがメインで、その下の棚のびたっと止まるアタリやずるずるアタリは大型がメインでした。

~45cmまでのチヌが先に食ってきてしまい、年無しが釣れないので、途中大型狙いにシフト。

上の微妙なアタリを無視してその下の良型のアタリのみ取っていきました。

しかし、49cm止まりで年無しはついに釣れず笑

まあこんなこともありますよね。

10分に1枚ペースで釣れ続け、さらに餌をたらふく食っているのか、引きがものすごく強く、途中で腕が痛くなってきて、嬉しい悲鳴を上げながらもう一方の腕で竿のバットを支えながら釣りをつづけました。

フックは、カン付きグレを使用。

ユニノットで結ぶことで、時短になり手返しが向上するので数釣りできるときはこのフックが自分の中ではマストです。

カン付きバリでユニノットでも管に2回3回とラインを通してから結べばチモトで切れることもないし、針の角度が変になることも少ないので問題なしと思ってます。

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥330 (2024/06/22 14:59:53時点 Amazon調べ-詳細)

初心者の友人もポツポツとチヌを掛けており、やり取りが慣れてなくてバラシまくっていますが、それでも良型を釣ることができて満悦の様子でした。

半日楽しめました!

7時30分~11時00までの3時間30分で結局19枚釣れ、約10分に1枚ペースで釣れ続けました。

初心者の友人のサポートしながら、これだけ釣れたので相当良い状況だったのだと思います。

ガチでやれば、25枚以上いけたでしょう。

初心者の友人もチヌを釣ることが出来て、満足いただいたようでなによりでした。

まとめ

宇部波止・セル石で落とし込み釣りを楽しんできました。

浅棚のスライダーで高活性の魚が連発してくれて楽しい釣りをすることができました。

良い日にたまたま来ることができてよかったです。

7月中にもう一回できれば来たいなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする