2022年初釣りに鱒蔵へ行ってきました【2022年1月】

あけましておめでとうございます

1月も中旬ですが、やっと今月の釣行記を書いております。

年末年始釣行第3回ということで、鱒蔵へ初釣りに行ってきました。

鱒蔵

朝5時に出発して、現地近くに入ると結構な積雪があり、ちょっと来るところ間違えたかな?というようなほどの積雪。

当然それだけ降っていたら、道路も国道から枝道に入ったところからは、除雪も不完全ですので、この時期冬用タイヤは必須ですね。

スキー場がすぐ近くの釣り場だから当たり前と言えば当たり前かという感じですが。

道中、ゆっくりめに安全運転して無事時間前に到着して、釣りを開始しました。

人はさすがにかなり少なかったですね。

やっぱり管釣りは悪天候の時に行くに限ります笑

釣り場全体に雪が膝上まで積もっていて、自分で除雪して釣り座を確保して釣り開始しました。

タックル

放流、汎用ロッド

エリアドライブARD-62T-DTS+スティーズtype-1+フロロ1.5ポンド

スプーン巻きロッド 

クロノタクトCT6202UL+07ルビアス2004+フロロ1.5ポンド

マイクロスプーン・小型クランクロッド

トーナメントドライブARD-62S-BTX+スティーズtype-1+エステル0.3号

アジングロッド

月下美人 AJING 55UL-S +12ルビアス2004+エステル0.4

寒すぎる笑!けど高活性

この日、朝一車の温度計は、ー15℃となっており、開始直後は池に氷が張っておりました。

ロッドガイドの水滴が凍るどころか、リリーサーが凍りついて、ルアーのフックが張り付いて取れなくなるレベル笑

こんなの初めてで、思わず笑っちゃいました。

それでも開始直後から、バンナ1.4gの底からの巻き上げでガツンとヒットしまして、活性は決して低くなく、いいペースで釣れ続けました。

釣れなかったら、すぐにやめてるレベルですが、人間不思議なもので釣れてると寒さをあまり感じなくなります笑

ボトムからの巻き上げ、ボトムトレースでの反応が良く、バンナ1.4であたりが出なくなったあとは、ピーチST1.2gとハント0.9gのローテで良いペースで釣れ続けました。

強いアクションのスプーンに反応するんですが、リトリーブは早すぎると追いきれないようで、しかもデッドスローではなく、適度にスローなスピードでまくとバイトが増えました。

そうこうしていると、水車が突如停止。

なんでだろう?と思いながら、釣りをやめてちょうど良いタイミングだったので、昼食を取りに行きました。

管理人さんに聞くと、雪による倒木で停電したと言うことで、休憩所の暖房もスイッチがつかず、焚き火にあたりながら昼食を取りました。

外で焚き火に当たりながら食べるラーメンも美味しいですね。

午後はボトムで連発!

昼食後、釣り場に戻ると、停電により地下水の供給が止まり、池の水温が低下。

昼間にもかかわらず、池に氷が張り始め、どんどん広がっていきました。

魚の状態はと言うと水温が低下して、ボトムベッタリになったようで、ボトムトレースに反応が良かったです。

だったらボトムスプーンの巻きで釣れるんじゃないかということで、ボトムサタンとサークルのボトムトレースを試してみるとこれが正解パターンでした。

ボトムまで落として、ただ巻きするだけで連発し始め、反応が落ちたらルアーをチェンジしたり、シェイク巻きしたりと小細工するとバイトが連発してくれました。

水温下がっても、まだ魚は元気。

午後は終了まで、ボトムトレースパターンで高活性の鱒に癒してもらい、納竿。

アジングロッドのエステルセッティングでのボトムトレースが細かなあたりも拾えて、ソリッドティップによりフッキングもがっちり決まってかなり良かったです。

月下美人安いのに良い仕事してくれます。

まとめ

雪の中寒かったですが、スプーンの巻きオンリーで1日高活性の魚に遊んで貰えて楽しい初釣りとなりました。

1月10日で一旦休止に入るということで、春に再開したら、是非また挑戦したいと思います。

今日のMVL

サークル2.2g

今日1番活躍したスプーン

そこまで沈めて、ボトムを舐めるようにリトリーブするとガッツンと強いバイトで連発してくれました。

(2.2g) サークル #59 ジュエルサンド Circle Spoon 2.2g <ヴァルケイン>
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする