2020年第2弾サンクチュアリ釣行【エリアフィッシング】

新年第2弾ということで、よっ氏さんとふたりで管釣りに行ってきました。

当初は、醒井のオープン日だったので醒井に向かったのですが、開場一時間前には定員オーバーしておりました笑

そこで、急遽お隣のフィッシングサンクチュアリに転進することに。

いきなりのトラブルでバタバタしてしまいましたがサンクチュアリに到着し、なんとか釣りを始めることができました。

タックル

今日はワンタックルです。

トーナメントドライブのソリッドロッドにエステルラインの組み合わせ。

トーナメントドライブARD-62S-BTX+セオリー2004+エステル2ポンド

サンクチュアリ

醒井から転進したので、9時半開始。

すでにすごい数のお客さんがおり、第一ポンドの空いているところに二人で入り、釣り開始。

普段、第2ポンドでしか釣りをしたことがなく、5年以上第一ポンドで釣りをした記憶がありません。

全くパターンがわからない状況で、しかも正月休みの土曜日ということで人がものすごく多いです。

めっちゃ騒がしいわ、巨大なルアーを投げてバッチャンバッチャン音立てている釣り師がいるわで笑かなりのプレッシャーがかかっています。

とりあえずボックスの目につくところに置いてあった1.8gノアをカウンダウンしながら探っていくと、上から1m以内の棚と底からの巻き上げでバイトがありました。

上のレンジでバイトはあるんですが、人的プレッシャーで表層までは魚があがってこない感じで、ルアーが視認できないギリギリくらいの棚を通すとコツンとバイトがありました。

底からの巻き上げは、ほぼ交通事故的なバイトで、たまに落として巻き上げるとガツンとくってくる。

底巻き上げパターンは、バイトの頻度は少ないけど、アタリははっきりしてましたのできっちりフッキングしてくれました。

とりあえず、表層ちょい下で、自作オーバーヘッドクランクで数本とったところで放流1回目が始まりました。

放流は不発

なぜかしりませんが今日は放流魚すら渋い。

人的プレッシャー恐るべし。

なんとか2本とったところで放流終了!

ちょっとこれはキッツいです笑

午前中は、8本と二桁すら届かずのひどい有様でした・・トホホ

よっ氏さんもこのきつい状況で大苦戦しておりましたが、大型のロックトラウトをしっかり釣っておりました。

午後の部

カフェでランチを楽しんで、しっかり休憩してから午後の部再開。

自作オーバーヘッドクランクと細ニョロクランク、2フックニョロのローテでポツポツと拾っていきました。

午後の放流までに14匹。

本日2回目の放流では、3本とって17本。あっという間に放流タイムが終わってしまい数が伸ばせません。

というか、良型のロックトラウトを掛けて、長時間やり取りしている間に終わってました。

まあ楽しかったから良いか。

少し魚がうわずって来たので、ピット0.9gで一本。

さらに、オーバーヘッドクランクで2本で20匹。

最後にペレットタイムに、ピットで2本。

夕まずめになんとかクランクで釣ろうと頑張りますが不発。

よっ氏さんはスプーンで連発。

最後の最後に自作クランクで一本とって、23匹で納竿!

かなりのハイプレッシャーの掛かった状況で、ダメダメな貧果に終わってしまいました。

シブシブのまわりが釣れてないときにもポツポツとでも良いので、数を伸ばせるようにならないとダメですね。

まとめ

新年2回目の釣行ということで、フィッシングサンクチュアリに行ってきました。

正月の激込みのハイプレッシャーの第一ポンドで、ポツポツと拾えるもののパターンにはめるような釣り方もできずにダメダメなまま終わってしまいました・・・

今日のMVL

ピット0.9gです。渋い状況でこのロール系アクションがよく効きました。

ピット 0.9g スプーン Pitt SPOON 0.9g #コレカ <アイジェットリンク・I Jet Link>
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする