北方マス釣り場釣行2021年2月 7回目【エリアフィッシング】

今週も修行の時間がやってきました。

週末はコロナの関係で、できる限り近場で釣りをするようにしております。

愛知か隣県に行くくらいで我慢。

最近、すっかりはまっている北方マス釣り場での修行。

今週も行ってみました。

渋い釣りが癖になるというか、悶絶するのが楽しく感じてきているというか。

こうも北方に通うことになるとは、自分がかなりのドMなのを認識しますね。

北方マス釣り場

朝7時過ぎに到着。

いつもの通り、適当な場所を陣取ります。

ネット際はあえて入らないドMです。

前回より、さらに水位が低下してかなり浅くなっているようです。

今日も相変わらず満員御礼ですね。

人が多い!

タックル

3セット使用。

放流・ミノー用にエリアドライブフロロタックル

クランク用にトーナメントドライブグラスフロロタックル

マイクロスプーン用にトーナメントドライブソリッドエステルタックルの使い分け。

エリアドライブARD-62T-DTS+12ルビアス2004+フロロ1.5ポンド

トーナメントドライブARD-61F-T2RX+スティーズtype-1+フロロ1.5ポンド

トーナメントドライブARD-62S-BTX+スティーズtype-1+エステル0.3号

放流が廻ってこない・・・

朝一の放流ですが、自分のところに回ってきません。

トラックから放流されて、順番に離れたところでヒットしていきましたが、自分のところの手前でピッタリ停止笑

バイトはあるんですが、ショートバイトで追いが弱い感じ。

しかも、すぐに反応が弱くなるおまけつき。

スプーンをドーナ2gからリンゴミディ1.8g、ティアロ1.3gと落としながら釣っていき、ティアロ1.3を少しスローに引くと、強いバイトが出てくることに気づきましたが、しばらくして沈黙。

難しい・・・

マイクロスプーンパターン

今日は放流は微妙でしたが、スプーン自体は良い感じでした。

棚は少し下で、通常はロッドを少し下げてマイクロスプーンを引くのが有効でした。

時折、風が吹いたり日が照ったりしたタイミングで、魚が表層を意識するとマイクロスプーンの表層引きをすると、放流の残存マスが連発するパターンがあり、水面の様子を常にチェックしておいて、魚が浮いてきたらすかさずマイクロスプーンをキャストするのが数を伸ばすコツでした。

ピット0.6gが一日を通じて一番釣れました。

活性が高い時にハイバースト0.5g投げるとひったくるような強烈なアタリが来て楽しかったです。

クランク・ミノーパターン

今日は、前回のようにスプーンでひたすら引っ張るのではなく、スプーンとクランク、ミノーを状況に応じて使い分ける練習をしました。

スプーンの巻きで反応が落ちたら、クランクで魚を追加して、巻き自体に反応が薄れたら、ミノーのマジックジャークで魚のスイッチを入れて釣っていきました。

北方マス釣り場自体、ミノーが非常に有効な釣り場ですが、今日は、特にミノーの反応が良く、困ったらミノー投げれば何とかなる状況でした。

ザッガー50F1とダブルクラッチ45F1、自作3Dプリンター製ミノー(2フック)のローテでひたすら釣れ続けました。

クランクは、ニョロ系クランクに反応が良く、通常のクランクはダメ・・・

ペピーノMRとツブアン35Fが良く効いて、浅いのでロッドを立てて、潜らないようにデッドスローで引くとバイトが得られました。

ボトムノックすると、追いが悪かったので、潜りすぎないようにレンジキープする必要がありました。

3時過ぎまでひたすら、マイクロスプーン、クランク、ミノーのローテで釣れ続けましたが、2時過ぎからは、一本釣るとすぐにそのルアーが見切られるようになり、ひたすらルアーをローテしながら釣ってました。

手を抜かずに、ルアーをチェンジするのが釣果を得る近道でしたね。

動画作った!

前回に引き続き、GoProで撮影を行いましたので、動画を編集してみました。

良ければ、見てやってください。

釣り方や良く釣れたルアーの解説などしています。

まとめ

北方マス釣り場、今シーズン7回目の釣行です。

そろそろ、シーズン終盤に差し掛かってきましたが、営業している限りは通おうと思います。

次回は、ワカサギ入鹿池に最後の釣行に行きたいと思います。

今日のMVL

ザッガー50F1

マジックジャークで活躍。こいつのトッピングフードというカラーは、ほぼ餌でしたね。

マジックジャークやりたいならとりあえずこれ買っとけというミノーです。

created by Rinker
¥1,510 (2024/05/19 07:58:20時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする