レンタルルアーについての説明

この度、足柄キャスティングエリアさまにレンタルルアーとして、3Dプリンタールアーを置いていただくことになりました。

3Dプリンタールアーの大会の開催などの活動をされている八重樫さんがレンタルルアーを設置させていただいており、私のルアーも置いていただけることになったという次第です。

ありがとうございます。

コロナ禍の中、釣り場にお伺いできておらず、釣れるカラーや釣れるルアーのジャンル等わかっておりませんので、釣れるかどうかはわかりませんが、使っていただけると幸いです。

まずは、8種類16個を用意しました。

いきなりルアーを設置しても、どうやって使えば分からないと思いますので、各ルアーについて、説明させていただきます。

フックサイズと種類は、製作時に私がセットした、推奨フックになりますが、色々変えてみると面白いと思います。

スリクラ35DR

以前から製作していたディープクランクのバージョンアップ版です。

色々細かい所を改良しております。

ver.2.0ですね。

ブリブリ小気味よくロールまじりのウォブリングアクションするノーマルなタイプのクランクで、ただ巻きするも良し、ボトムノックするも良しの汎用クランクです。

フックはsp-31#6

スリクラニョロ45

スタンダードなタイプのニョロ系クランクです。

スローリトリーブでローピッチにテロテロとアクションするクランクです。

ただ巻きで釣るのが基本。

特にアクションするギリギリの超スローでゆっくり巻くのがおすすめです。

フックは、sp-31#8

スリクラニョロ60M

ちょい細めのロングニョロ系クランクです。

かなり振り幅を抑えたロールアクションでアピールを抑えたクランクです。

強いアクションが効かない状況で使うと有効です。

こちらは、アクションが弱すぎてデッドスローではあまり動かないので、普通のスロー巻きが良いかと思います。

フックは、sp-31#8

スリクラニョロ45もそうですが、細軸フックにしてショートバイトを絡めとるのもありですね。

スリクラニョロジョインテッド

ジョイントタイプのニョロ系クランクです。

かなり強いアクションで使い所をかなり選ぶルアーです。あまり釣れるとは言えないネタ的なルアーですね笑

普通にハンドメイドする場合、ちゃんとアクションするルアーを作るとなると各パーツの調整に時間がかかる、パーツ数が多く製作に時間がかかるタイプのルアー。

ルアーの製作や設計の変更を短時間で行える3Dプリンターならではのルアーだと思いましたので、3Dプリンターならこんなルアーも簡単に作れるよってことで、レンタルルアーとして並べてみることにしました。

フックは、sp-31#8

スリクラニョロ30

ボディ長30ミリのマイクロクランクです。

スローでキビキビしっぽを振ってロールまじりのウォブリングアクションでアピールします。

渋めの状況で、上のレンジで魚が反応する時に良く効くルアーですね。

渋ってきたら使ってみてください。

フックはダイワショートマルチ#10。

スリクラシャロー40

ちょっと変わった形状のシャロークランクです。

テールのシェイプを絞って、水押しを弱めようという意図で作ってます。

実際に意味があるかはわかりません笑

魚が上のレンジを意識してる時に。

基本ただ巻きで使います。

ちょっと活性高めの時に良く効くルアーだと思います。

フックは、sp-31#6装備です。

#8にすると、アクション強めになります。

3Dミノー52

ワンフックのハイフローティングミノーです。

マジックジャークで使うミノーです。

ブリブリと強めのウォブアクション。

浮上速度を速めに設定してあり、高活性時や逆に渋い時に、無理やり魚にスイッチを入れて釣るような時に良く釣れます。

デジ巻きでもロッドでアクションを入れてもどちらでも良いですが、ロッド操作でキビキビ動かして魚のスイッチを入れるのが楽しいルアーです。

フックは、sp-31#6装備。

魚の食い方に応じて、吸い込みやすい#8に交換すると良いことも多いです。

3Dミノー49

ツーフックのマジックジャーク用ミノーです。

52に比べ、弱めのアクションですが決して弱いアクションではないと思います。

浮上速度は少し速めでこれも、高活性時や渋い時に魚のスイッチを入れて釣るミノーです。

52と状況に応じて使い分けます。

フックは、ダイワのショートマルチ#10をセットしてあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キジトラ1011 より:

    ちょくちょくブログを拝見してます。
    3Dプリンターで作る以上、フィラメント積層模様が出るのは仕方ないとはいえ
    個人でもあまり市販品と変わらないくらいまで出来るものなんですね。
    私も仕事上、3D-CADも3Dプリンタも使ったことあるので、やってみようと思いましたが、3Dプリンタを置く場所が無いです(笑)

    • みつお より:

      コメントありがとうございます
      私もTwitterでちょくちょく拝見させていただいています笑
      3Dプリンターの欠点はおっしゃる通り場所をとることですね私も2台目が欲しいんですが置く場所がありません笑
      手で木を削ってルアー作るなんて手先が器用じゃないとできないですが、3DCADさえ使えれば、3Dプリンターなら誰でもそれなりのルアーを作れちゃいますね