ハーブの里フィッシングエリアへ今シーズン初の大会にチャレンジしてきた!【エリアフィッシング】

年末に今シーズンの管釣りを本格的に始動して、ちょっと体も暖まって来たところで、長野県にあるハーブの里フィッシングエリアさんの大会にお邪魔してきました。

ハーブの里フィッシングエリア

朝6時半に到着して準備。

受付して8時に開始でした。

ここの大会は、使用ルアーの制限が緩く、自作ルアーが使えるので良くお邪魔しています。

目標

前半後半で5ラウンドずつの一対一の対戦ですので、それぞれ一勝を目標にします。

あとはできるだけ引き分けを増やします。

プラグは自作ルアーでがんばる。

どうしてもダメなら、市販ルアーを使う予定ですが、結局使いませんでした。

渋すぎる・・・

第一ラウンドは放流ラウンド。

のはずなんですが、まるで釣れない笑

なんとか坊主は免れましたが、あわや坊主になるとこでしたね。

第二ラウンドからは一気にプレッシャーが掛り、渋い渋い・・・

スプーンではどうにもならず、クランクに移行しますが、ニョロ系はダメ。

自作のオーバーヘッドクランクとシャロークランクが良かったので、これのローテでポツポツ。

豆でポツポツという感じ。

今シーズンボトムの釣りを練習しておらず、ボトムが使えないのもきつかったです。

悶絶!

後半に入ると、完全に手詰まりの状態に。

ボトムを今シーズン練習しておらず全く使えない状態なので、巻きメインの釣りで頑張りますが、大事なところでばらしもあって波に乗れず

良いとこなしで終了でした。

スプーン以外は、自作ルアー縛りでなんとか2勝できたので目標は達成。

練習して引き出しを増やしてまたチャレンジですな。

大会後にシナノユキマスを狙ってみる

大会が終わり、アフターの釣りを楽しんでいると、Nさんがシナノユキマスが放流されているということで狙って釣っていました。

かなり珍しい魚で管理釣り場ではほとんど見かけない魚だそうで、刺身にするとかなり美味しいということでした。

狙い方は、放流直後はスプーンでも釣れるそうですが、ズバリボトム。

中でも速く落ちるものが特に良いそうで、ハビィが一番実績のあるルアーだとか。

ということで、狙ってみました。

Nさんがまずシナノユキマスを釣り上げましたが、サイズが小さくリリース。

自分もかなり粘って、ハビィでなんとかキープサイズのシナノユキマスを釣り上げることができました。

シナノユキマスは、持ってかえって刺身にしてみましたが、鯛のような甘さでかなり美味しい魚でした。

また、トーナメントの常連のMさんやSさんから色々アドバイスをいただき、非常に勉強になり、内容の濃い釣りになりました。ありがとうございます( ´∀`)

まとめ

ハーブの里フィッシングエリアで今シーズン初の大会にチャレンジしてきました。

結果は見事にダメダメでしたが、良いリハビリになったんじゃないかと思います。

これからしばらく春までは管釣りをしっかりやりこんでいこうと思います。

本日のMVL

ハビィ1.6g

シナノユキマスを初ゲット( ´∀`)

シナノユキマス狙いならひとつ持っておくことをおすすめします!

created by Rinker
IVYLINE(アイビーライン)
¥660 (2020/11/27 11:55:09時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする